古美術フリーギャラリー  滋賀県栗東市より発信 (発信 2001年 7月より)
TOP 会社概要・発信者紹介・栗東市  更新記録  新聞雑誌記事  問合せメール  特定表取引・送料・注文
 陶 磁 器 展 示 陶磁器展示のコーナーです。(非売品)
 @中国清時代 炉均釉瓶 宜興窯(ぎこうかま)  17世紀中旬〜18世紀前半の可能性あり
 A古信楽焼 大壷 安土桃山時代〜江戸時代(前期)
@ 中国清時代 炉均釉瓶 宜興窯(ぎこうかま)  17世紀中旬〜18世紀前半の可能性あり
作品の大きさ 高さ 26 cm  胴の直径 18 cm〜底の直径 10 cm 重さ 1.54kg
記 事 「小学館 世界陶磁全集15 清」の宜興窯(220ページ)参照
多くの人は、宜興は無釉の焼物であると考えており、事実大部分の作品がこの手のものである。しかし、十七世紀あるいは十八世紀からは、高火度の海鼠(なまこ)釉が用いられるようになり、この釉はその洗練された鈞窯風の釉でもって、いわゆる「炉均」と呼ばれるやきものの製造に寄与するところがあったといわれている。
(挿129)。これに似たような釉は、同時期の広東窯にもみられるものである。本格的な炉均釉も完成し、18世紀には色絵装飾もあらわれた。
自己評価 小学館 世界陶磁全集15 清 挿129 炉均釉瓶 宜興窯 
全集は白黒ですが、下記の写真と大きさ・形や表面仕上げが一致、同じ窯で作られたと推測される。
形や表面仕上げが大変美しく洗練されている。最初見た時は現代作家の作品と勘違いしたほど、すばらしい出来
備 考 非売品
 下記の画像クリックすると新しいウィンド(大きい画像)にリンク

129

小学館 世界陶磁全集15 清
挿129 炉均釉瓶 宜興窯
全集は白黒ですが、形や表面
仕上げが、写真と一致する。
A 古信楽焼 大壷 安土桃山時代〜江戸時代 前期 (小学館 信楽古壷大成参照)
作品の大きさ 高さ 40 cm  胴の直径 32 cm〜底の直径 16 cm 重さ 7.7kg
自己評価 この壷は口がラッパではなく、立口である。一般には時代が下り桃山〜江戸時代になると次第に頸部が立ちあがってくるとされる。火おもてのヒビは、表面のみで壷内部に見あたらないので、焼かれた時に出来たもの、自然釉のビードロ・赤い火色・抜けといった信楽焼の特徴があらわれていて、千変万化の景色があり、これが自然に出来たとは信じられないおもしろさがある。
備考 非売品
 下記の画像クリックすると新しいウィンド(大きい画像)にリンク
火おもて

自然釉の美しいビードロがかかっ
ている。

火わき

自然釉が溶けて筋状に硫化した
「垂れ」・「玉垂れ」がある。一部
丸く半球状に盛り上がり釉溜ま
りの部分「蜻蛉の目」も見られる

火うら

火が直接あたることがないため
赤い火色や素地そのままに白く
やける「抜け」もありが濃淡の変
化をみせている。


ビードロの色は、濃淡の緑色〜黄褐色のガラス質となって流れ出している。

ポーッ」とした赤く明るい火色が
信楽焼の屈託のない一番の魅力

素地そのままに白くやける
「抜け」の部分

ゲタの波状の凹凸は無い

作品中の説明に関して、ご意見などが御座いましたら是非お教えください。
管理者 太田信道 (おおた のぶみち)  古物商許可 美術品 商滋賀県公安委員会 第60102H140027号
 滋賀県栗東市辻383 TEL / FAX 077-552-3589