栗東 蹄鉄 滋賀県栗東市より全国に発信 (発信 2001年 7月より)
TOP 会社概要・発信者紹介・栗東市  更新記録  新聞雑誌記事  問合せメール  Q&A 特定表取引・送料・注文
 道具・作業の流れ
撮影は、北海道の牧場(トレセン内は許可無しの撮影禁止)
護蹄に用いる道具 (下記、装蹄作業の流れで紹介)
 釘節刀(ちょうせっとう) 蹄から釘を外すための道具
 鎌型蹄刀(かまがたていとう)
 
蹄の伸びた部分や細かい部分を切り取り整える道具。
 蹄鑢
(つめやすり)右の写真
 削蹄せんかん(さくてい) 蹄壁を切り取るための道具
 金床(かねどこ)右の写真中央 蹄鉄を整形するときの台
 装蹄鎚
(そうていづち)右の写真
 蹄釘(ていちょう) 
蹄鉄を蹄に装着するための専用の釘
 クリンチャー
 釘筋を下方に折り曲げるための道具
 釘切せんかん(くぎきり)
 蹄に打ち込んだ釘の先端を切り落とす道具
 
装蹄作業の流れ (兼用鉄・ニウム鉄) 写真にて説明

1,装蹄判断(予備検査)(左下の画像)
削蹄や装蹄前の馬の検査を装蹄判断と呼ぶ。経験を積んだ装蹄師は、装蹄判断に対する「感覚」を養っており、その感覚をたよりに、馬の歩き方や姿勢を観察して、馬の状態・蹄の状態を判断する。蹄のバランスを調整する為に、蹄の多削する部分を決定する。
   

2,除鉄 
釘節刀で古い蹄鉄を慎重に取り外す。(右上の画像)

3,削 蹄左下の画像)
伸びた蹄を鎌型蹄刀や鑢で、装蹄判断を元に削蹄。削る感覚は「紙一枚」と言われる通り1ミリ以内の誤差だそうです。ここが装蹄師の腕の見せどころである。
   

4,確 認
 蹄の後方向より形や切り口の確認。(蹄鑢などで整える。右上の画像)

5,蹄鉄の整形(下の画像)
それぞれの馬に合う大きさ・形・・種類・メーカーの蹄鉄を選び、金床の上で装蹄鎚・蹄鑢などで、馬の蹄に合わせて形を作っていきます。すべて個々の馬にあわせたオーダーメイドである。

6,鉄合わせ(左下の画像)
 整形した蹄鉄が馬の蹄に合うかを見て微調整を行う。

   

7,釘止め(右上の画像) 蹄釘を用いて蹄鉄を蹄に装蹄する。内外それぞれ3本ずつ合計6本の釘で固定するのが一般だそうである。

8,最終仕上げ
(下の画像)
釘切せんかん・ヤスリで釘を整える。右端の写真は、両肢が地面についていると作業中、肢を動かすおそれがあるので、補助員が反対の肢を持ち上げる。


9,最後に歩き方や姿勢をもう一度チェックして装蹄作業は完了。
 
 管理者 太田信道 (おおた のぶみち) 古物商許可 美術品 商滋賀県公安委員会 第60102H140027号
 滋賀県栗東市辻383 TEL / FAX 077-552-3589