栗東 蹄鉄  滋賀県栗東市より発信 (発信 2001年 7月より)
TOP  会社概要・発信者紹介・栗東市  更新記録  新聞雑誌記事  問合せメール  Q&A 特定表取引・送料・注文
蹄 鉄
下記の記述に関して間違った箇所がございましたらご連絡ください。

蹄鉄の歴史
人類が護蹄の必要性を認識した初源は十分明確になっているわけではない。
古代ギリシャ・ローマ時代、ローマ人はヒポサンダールという金属製のサンダルを使用していたこと、また一方紀元前すでにローマ帝国の辺境にあってケルト人が、蹄釘を用いた蹄鉄をもって装蹄を行った事実を物語る出土資料がある。紀元前1世紀頃ローマ人は蹄釘を用いた蹄鉄を装着するいわゆる装蹄を辺境のゲルマン人から学んだとする記録は、このケルト装蹄始源説とその技術を継承するゲルマン人による装蹄技術伝承論を有力なものとするが、紀元前5世紀ごろ装蹄技術がフン族(中央アジアを舞台とする騎馬民族)によってギリシャ・ローマ文化圏にもたらされたとする別説もある。

日本の蹄鉄の歴史
護蹄の意識は、7・8世紀ごろ蹄の裏を焼いて硬質にする方法や繊維質のもので保護する護蹄方法、また万葉集にも護蹄を示す記述があり、すでに古代から民間にあったことをうかがえる。
護蹄手段を耐久性のある素材として鉄にもとめ、鉄沓(てつのくつ)として鋲を打った鉄板を着用したのはわが国では、戦国時代であった。朝鮮からその技術が伝わったとする見解もある。
江戸時代の享保年間オランダから来日したケイズルに同行した蹄鉄師カーラス・レインボーが西洋式の装蹄法を伝授したが、その普及はなかったという事実はたしかにある。
日本の近代装蹄のてががりは開国後で、日本産馬が諸外国産より劣ることを認識した政府が欧米から積極的に技術を取り入れた。いくつかのルートがあるようであるが、西洋装蹄術が学理を伴う装蹄技術として本格化するのは、明治6年フランス人ビューストを招いての兵学寮での装蹄教育、さらには明治23年のドイツ人ミューレンを招聘しての駒場農学校におけるドミック式装蹄法の教育に始まる。その後、軍用馬の需要とともに発展するのである。
(日本装蹄師会発行の装蹄学参照)
蹄鉄の役割
人間のつめは五本ずつだが、馬の蹄は一本。一つの大きなつめを持つことで、早く走れるよう進化してきた。その蹄を保護するために人間は蹄鉄を考えだし、さらにスピードアップをはかるために、馬の負荷を極力減少させる方法として、軽合金製のものや、幅、厚みなどを減じた軽量蹄鉄が用いられている。蹄鉄は、馬によってオーダーメイドで、馬の特徴や脚の力、歩き方にあわせて釘で内外それぞれ3本ずつ合計6本で固定する。つめの部分なので、釘で打ちつけて固定しても血がでたり痛がったりはしない。蹄鉄の交換は、馬や蹄鉄の磨耗により色々ですが普通約20日〜30日おきに打ちかえる。
競走馬蹄鉄の変化
昔は、日常の厩舎生活や、調教時に使用する「調教蹄鉄」と、レースの時に使用する軽いアルミ製の「競走用ニューム蹄鉄」とがありレースに出るたびに何度も装蹄し直していた。このレース時の蹄鉄を「勝負鉄」と読ばれている。しかし、「勝負鉄」だとレースに出るたびに装蹄し直すので、蹄が傷んで当然、それに対処し蹄を保護してやることは装蹄師には大問題だった。近年は軽くて耐久性を増した「兼用蹄鉄」が開発され厩舎でもレースでも兼用できるようになり、現在はこれを利用している。兼用蹄鉄の使用許可が下りたのは1981年である。日本中央競馬会のレース時に使用する蹄鉄の重量は120g以下という規定があり、メーカーの方にお聞きしたところ兼用蹄鉄も規格の審査があり、これに合格しないとレースでは使用できないとのこと。
装蹄師さんの話によると『兼用蹄鉄が登場する前は、鉄製の調教蹄鉄を使っていました。競馬には「百二十グラム以下の蹄鉄を使用との規定」がありレースには必ず競争用ニューム鉄(勝負鉄)に打ちかえていた。競馬の日などは、競馬場で鉄製の調教蹄鉄を外して競争用ニューム鉄(勝負鉄)に打ちかえ入念にチェックしレースに出した。そのレースが終わったら直ぐに鉄製の調教蹄鉄への打ちかえをする。出走馬の多いレースの日にはたいへん忙しかった。兼用蹄鉄の普及により、競馬当日の戦争のような忙しさがいまでは語り草になってしまって、装蹄師はそのぶん厩舎(トレセン)の方でじっくりと馬に向き合う余裕がもてるようになっている。』 現在、競走馬の事故防止の観点から兼用鉄装着馬は1988年から装蹄費の補助に関する給付制度が適用されるに至って普及が一段と進んだ。
実際の蹄鉄で比較
下の写真は1990年ごろ引退のG1馬 ヤエノムテキ号 の実際の蹄鉄
下の写真は1997年ごろ引退のG1馬 フラワーパーク号 の実際の蹄鉄

ヤエノムテキ号の蹄鉄は、トレセンでは調教蹄鉄(鉄製品)が使われていた(本品はメッキが施している)、競馬場のレース時には勝負鉄(アルミ)に履き替えていた。しかし、フラワーパーク号は兼用蹄鉄(アルミ)が使われている。 現在トレセンではアルミ製の兼用蹄鉄がほとんどで鉄製の蹄鉄は使われなくなった。 
 鉄唇
は、蹄釘への負担を取り除いて、蹄鉄のズレ(あるいは捻じれ)を防ぐ役割がある。ヤエノムテキ号の蹄鉄は後肢蹄鉄の鉄唇は両サイドに設けている(鉄頭にはない)。これは、後あしの鉄唇が馬体を傷つけるのを防ぐために、両サイドに設けているとのこと。現在でも鉄頭の中心に鉄唇を設けるのが一般であるが、馬のそれぞれの癖によって鉄唇は両サイド・中央と片サイド・前蹄などにも設ける場合がある。(下記写真参照)
 鉄製の調教蹄鉄

ヤエノムテキ号の蹄鉄
(山口装蹄師所蔵)
 両サイドに設けている。

ヤエノムテキ号の蹄鉄
(山口装蹄師所蔵)
 兼用蹄鉄

フラワーパーク号の蹄鉄
 兼用蹄鉄

エイシンプレストン号の蹄鉄
(引退、2003年ごろ)

競走馬蹄鉄の材料と装蹄法
 現在競走馬蹄鉄はアルミ合金製が使われている。昔は鉄製品も調教用として使われていたが、今は競走馬ではほとんど使われていない。このアルミ合金製の蹄鉄は、前肢用・後肢用、及び大きさも人間の靴のように大小色々で、あらかじめメーカーのにより作られている(既製品)。装蹄法方としては、刀鍛冶のように熱い火で蹄鉄をたたくイメージではなく、既製品の蹄鉄を金台と金づちで馬のひずめにあわせて加工して行く。これもアルミ製品に変わったことで装蹄作業が簡素化された。
 鉄製調教蹄鉄は、乗馬用としては現在も使われているようです。鉄製調教蹄鉄の販売もしています。

競走馬蹄鉄の種類(日本装蹄師会発行の装蹄学 競走馬の蹄鉄参照)
兼用蹄鉄 一般によく使われる蹄鉄。調教用と競走用とを兼ねた蹄鉄で、出走前後の打ち換えが不必要のため、釘打ちの回数も少なく護蹄上有利である。アルミ合金材で作られ、鉄頭部(つま先)の摩滅の激しい部分に硬鋼片(補強材厚み1.5mm)を埋め込み耐摩耗性及び耐久性の向上を図っている。日本中央競馬会主催のレースでの蹄鉄の重量は、120g以下という規定がある。(成分はアルミに銅・鉄・マンガン・マグネシウムなどの混合)
兼用蹄鉄の各メーカーのいろいろな製品の特長は、肢の役割と見分・記号で紹介しています。
装蹄前のメーカー蹄鉄(下の写真)
蹄に合わせサイズ(大きさ)も色々あり、前蹄用・後蹄用蹄鉄がある。同じメーカーでも全面に溝があるものやつま先のみ溝がないもの、外国のメーカーのものと、各メーカーによって特徴が異なる。
   
使用済みの蹄鉄 (下の写真)
上の装蹄前と比較すると角の磨耗がよくわかる。右の蹄鉄は比較的磨耗が少ない方
   
 
硬鋼片(補強材)(右の写真)
黒い線で囲まれた溝に添って少し盛り上がった線のように見えるのが硬鋼片(補強材)が埋め込まれている部分。
この部分は鋼製のためメーカーによってサビるものもあります。

 
 
兼用鉄の裏にラバー(黒いゴム状のクッション)があるもの
厚み2〜3mm程のラバーが張り付けている蹄鉄。
 
硬鋼片(補強材)がなく、全てがアルミ合金の蹄鉄

上の兼用蹄鉄とほぼ同じだが全てがアルミ合金材で作られ、鉄頭部(つま先)に硬鋼片(補強材)が埋め込まれていない。上の兼用蹄鉄が主流。

調教用ニューム蹄鉄(下の写真)
主として調教時に使用する蹄鉄。厚み9mm(使用済みは、7mmぐらいに摩耗)、幅22mmのアルミ合金を用い、軽量化を図ったもので、写真の蹄鉄の重量は約140gぐらい。この蹄鉄は、肢蹄の保護を必要とする馬や、肢蹄に故障のある馬に有利であるとされているが、鉄製の蹄鉄より材質が柔らかく、摩滅が激しいため耐久性に欠ける。重厚感のある蹄鉄。下の写真は、メーカーの使用前の蹄鉄と使用済みの蹄鉄(調教ニューム蹄鉄)
   
 
調教用蹄鉄(鉄製)(右の写真)
主として調教時に使用する蹄鉄。我が国の競走馬における、標準蹄鉄ともいうべき蹄鉄であり、6mm*19mmの鉄より造鉄され。通常調教時に使用される。兼用蹄鉄が使われるようになり、現在トレセンでは使われなくなった。
 
 
競走用ニューム蹄鉄(アルミ)
(右の写真)
昔レースに出るたびに何度も装蹄し直していた。このレース時の蹄鉄を「勝負鉄」と読ばれていた。
 
 
連尾蹄鉄
(右の写真 アルミニウム合金製 )
治療用蹄鉄の中でも最も頻繁に使用されている。連尾蹄鉄の作製、適合は最も難しく、左右一組の蹄鉄を作製、適合させなければならない時には特に難しい。
蹄負面の一部に圧力をかけたり、あるいは圧力を軽減するときに使用される。
 

使用済み蹄鉄

(右の写真)
馬や蹄鉄の減り具合によるが、爪が伸びるので必ず定期的に一度は新しい蹄鉄に打ちかえられる。一度使われた蹄鉄は、廃棄処分され使われない。全て個々の馬にあわせたオーダーメイドで熟練した装蹄師が作る拘りのマイシューズなのである。
各装蹄所には蹄鉄を落として失くしてしまうことを想定して前回打ちかえた古鉄を全馬揃えておいてある。失くした時の代用品として、古鉄を使って調教を行うのである。写真のように間違いのないようマジックで馬の名前が書かれ蹄釘で一頭分を一まとめにされる。
下の蹄鉄は、北海道の育成牧場にて撮影(2001年5月)

 管理者 太田信道 (おおた のぶみち) 古物商許可 美術品 商滋賀県公安委員会 第60102H140027号
 滋賀県栗東市辻383 TEL / FAX 077-552-3589